放射能・残留農薬・栄養成分・トランス脂肪酸の分析は   ISO/IEC17025:2005 認定試験所                     



栄養成分等のセット分析を受託しています
放射能検査 各種試験方法で受託いたします
お問い合わせ03-3298-3681
kensa@mutenka.or.jp

     ISO/IEC17025:2017
      認定項目:放射線測定




食品などの放射能検査は、ガンマ線スペクトロメーターという、放射線を核種別(セシウム-134と137等)に測定する機器を使用して検査しています。






ゲルマニウム半導体検出器は、特に分解能などの性能が優れていて、低濃度の放射能まで正確に測定することが出来ます。厚生労働省の「緊急時における食品の放射能測定マニュアル」で示されている検出器です。また、平成24年3月15日厚生労働省より通知された「食品中の放射性セシウム検査法」で規定されている分析装置です。検出器を液体窒素で、冷却して使用します。



















放射線を受けると、蛍光を発する物質を使用した検出器です。感度が良いのが特徴です。私共が使用している検出器は大型の鉛遮蔽体を装備して、外部からの放射線の影響を抑制しています。高濃度の測定においては、ゲルマニウム半導体検出器と比較して遜色ありません。厚生労働省の「食品中の放射性セシウムスクリーニング法」に記載されている分析機器です。



ガイガーミュラー計数管というアルファ、ベータ及びガンマ線を全て測定できる検出器を搭載したサーベイメーターです。フィルターを装着することにより、様々な測定に対応できます。木材や工業製品の表面線量測定、空間の放射線量の測定の測定等に使用します。持ち運びできますので、野外での測定や放射能汚染の概要を把握するのに適した測定機器です。